婚活に関する誤解

Agelu ~Premium Night Bra~バストアップブラ
たった1ヶ月で理想のバストサイズ

婚活に関する誤解というのでしょうか。
誤解を利用した業者の問題と言えば良いのでしょうか。
あるいは、恋愛疑似体験の宿命的な問題なのかもしれません。
出逢い系、婚活パーティーなどに金銭が関わる問題があります。
もちろん、仲介業者が料金をとるのは当然でしょうし、それは良識的商売の範疇の価格ならば、一般的な商売の話です。
が、そのお金が女性参加者に支払われるような場合、それは婚活ではなく、風俗営業です。
出逢い系で、サクラという用語を聞いた事のある方は多いと思います。
メールのやり取りをすることでお金を稼ぐ方々のことです。
このサクラに関しては、ただの詐欺事件と解釈するとして、婚活と無関係なものと考えたとしても、問題は残ります。
婚活パーティーに参加の女性をコンパニオンなどと呼んでいるパーティーもあるのが現状なのです。
出逢い系と言いながらも、デートや性的行為に値が付けられていることもあります。
風俗営業と何ら変わりがないどころか、違法な売春行為が行われている場合もあります。
婚活、つまり、結婚を前提のお付き合いなのだから、性的行為をすること事態、当たり前なことでしょう。
また、結婚を前提としているのだから、二人の生活のための物を買うためのお金を女性に渡しても不思議はないでしょう。
表面的には似たようなことでも、心の中だけが違う。
そのような問題があることで、婚活が新手の風俗営業のスタイルであるという誤解があるのです。
そして、その誤解を利用する業者や女性が存在し、風俗営業の一種と割り切って利用する男性もいます。
そういう現実があるから、婚活パーティーに来るのはコンパニオン。
出逢い系サイトで逢える女性はいわゆるデリバリーヘルス嬢という誤解が男性にあるのです。
一般人の女性で、そのつもりもないまま、コンパニオンやデリバリーヘルス嬢として扱われてしまえば、婚活パーティーなどの悪評が流れてしまいます。
そして、結果的に営業のつもりの女性しか集まらず、男性に誤解を植え付けていく。
そういうスパイラル現象が起こりかけているのです。
では、婚活が風俗営業だというのが誤解だとして、その誤解が解けることはあるのでしょうか。
それは、婚活をしたい方々が、本来の婚活パーティーや出逢い系に参加することしかないでしょう。
風俗営業としての名目の婚活に参加したい方と棲み分けることが一番かと思います。
そのためには、まず、女性はお金を貰わないことです。
例え千円でも、あるいは電車代でも、お金を貰ってしまえば、それが自分の身体に付けられた値札と思うことです。
男性の場合、むしろ判断が難しい場合があると思います。
が、明らかに売春であったり、十代の女性が参加していると謳っていたら、避けるようにしていくのが良いと思います。

もうセックスレスで悩まない!
あなたのセックスレスもジワジワ解消できる!
すずね所長の寝室問題一発解消講座

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 勉強になりました。
    誤解を招かないよう、きわどい派手な服装はしないようにします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)