確かめてあげると言ってバストの小ささを自虐ネタにしていた同僚の胸を揉んだ

ニックネーム326 41歳男性です。
女性が胸を触られて許せる要因の一つには、劣等感を抱いている自分の胸を褒めてもらいたいからというケースがあると思います。
僕が唯一成功した例として、いつもバストの小ささを自虐ネタにしていた同僚がいました。
「うち貧乳やから、シルエットが強調される服嫌いやねん。」

「いつもそんな事言ってるけど、言うほど小さくなんかないのに。形だってきれいだと思うんだけどなぁ。
前カノより全然大きいと思うよ。」

「またそんな適当なこと言うて、貧乳に興味ないだけやろぉ。」

「そんなことないって、もっと自分に自信持ちなよ、少なくても俺は好きなタイプなんだけどな。
そうだ、小さくなんかないって確かめてあげるよ。手をパァにして動かさないでおくから、胸くっつけてみ。」

「そんなんゆうて、触りたいだけやろぉ。」

「違うって。小さいかどうかの判断は、男がどう感じるかじゃないの?それを俺なりに確かめてあげるって言ってんの。」

「ほんまに?ほなちょっとだけやで…。はい。」

「おっ、全然あるよー。これで貧乳って言ってたら他の娘に失礼だわ。」

「ほんま?めちゃ嬉しい。あっ、動かしたらあかんって!」
その後、彼女の服装はどんどんセクシーなものに変わっていきました。

もうセックスレスで悩まない!
あなたのセックスレスもジワジワ解消できる!
すずね所長の寝室問題一発解消講座

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)