彼氏と一か月ぶりに過ごした時間に愛しさと幸せを感じた瞬間

 お互い暫く仕事が忙しく中々逢えず、一か月ぶりの彼氏の家でのお泊り。夕べは遅い時間からだったし、食事をしてお酒も入っていたので、事も早々に済ませ二人共熟睡。朝、目覚めると裸でとても気持ちよさそうにスヤスヤと彼氏が眠っていた。愛おしく、でも折角寝ているのだからと起こさないように気を付けながら、顔のパーツパーツを手でなぞっていると、パチっと目を開き「うん?」て顔をしたかと思ったらいきなり布団をめくり、クチュクチュと音を立てながら敏感な所を舐め出した。「もう〜。」と言いながらも、抵抗するわけもなく気持ち良くて吐息を漏らしていると「夕べの分も!ずっとこうしたかったんだ。」と言って気持ちいい部分をたっぷり愛撫。感動と恥かしさで、「びくびくっ」と昇りつめてしまった。「もう逝っちゃったの?可愛いね。」とぎゅっとしてくれてから、再び頭を下の方へ。何度かその行為を繰り返した後、彼の物が入って来た。このまま離したくないと、気持ちが高まり、彼氏を力強く抱きしめたら、彼も抱きしめ返してくれて二人で絶頂を迎えた。いつもは、色々な事を言葉にしてくれない彼氏だけど何ら変わることなく大切にしてくれてるのを実感出来て嬉しいと思った瞬間だった。

~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~
女性のためのセックス講座

もうセックスレスで悩まない!
あなたのセックスレスもジワジワ解消できる!
すずね所長の寝室問題一発解消講座