自衛官だった彼氏はいつも私が癒しだといってくれていた

自衛官だった彼氏はいつも私が癒しだといってくれていた

私は以前自衛官の人と付き合ったことがあります。そんな彼氏の口癖は「お前は俺の癒しだ」でした。それを会う度に言われていました。
自衛官という仕事は常に集団行動で男性ばかりの職場です。そのため彼氏曰く自分には心の中に常に私がいることで、それだけで癒しになっていたそうです。辛く苦しい訓練も私を助けるため、と考えて取り組んでいたと言っていました。それはきっと私を喜ばせようと言ったことだとは思いますが、言われた時は本当にうれしかったです。その時この人を支え続けていきたい!と初めて心から思うことができました。今までそんな気持ちになることがなかったので、彼氏の存在が自分の中で大きくなっているのを感じました。
しかし同時に怖くなることもありました。彼氏が仕事で危険な目に合うのではないか、と思ったからです。それを彼氏に言うと、どんなに危険な目に合っても自分には私がいるから大丈夫、と言われました。人のためになる仕事をしている彼氏の心の支えになっているような気がしました。いつも彼は私のことを思って言葉をかけてくれていました。それは人のために辛い訓練などをしている彼だからこそ言える言葉だったのだと今はわかります。

 

あなたが運命の彼に出会えないのなら「」との問題をクリアしていないからです。
運命の人だけに出会う21日間トレーニング
運命の彼を引き寄せる方法
阿妻式恋愛眼力トレーニング

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0