僕てきに、恋に落ちる瞬間とはやはり、
自らが信じ

僕てきに、恋に落ちる瞬間とはやはり、
自らが信じている、
いわゆる:運命:だと思います。これは単純外に出て手当たり次第、いい女性に声を掛け、仲良くなるのとは違い、少しずつ、ゆっくり、お互いを知りつつ、仲を深めていく。いわば、絆をいつも深め合う、ということかもしれません。また、
運命というのはいつもあるという訳ではありませんが、人の言ったことが自分にとって、正しいか?正しくないか?を見定め、考え、やはり動いていくものだと思います。
まだ僕自身若く、いろんなものを見ることになると思っていますが、その中で、知らないことをしりながら行動し,
自立心を身につけ、
自分が信じていく道を切り開いていくのが僕の考えです。
また社会勉強している間ももちろん、出会いというのが、場合によって、その同じ場所で出会った女性が運命になる。
このような出来事いわば、人間の一つのチャンスだと思います。
なので僕に出会いはいつもありながらも本当の出会い,(運命的な、男女による出会い)も必ず僕にもあるともちろん自分自身、強く思っています。
あとそのような出会いがあるときでもなるべく自分らしさをいつも持てるようにそして相手にうまく伝わるように頑張っていきたいとも思っています。