プリシラのウィッグがパリコレに4年連続で採用され、現在大人気なワケ

1.プリシラのウィッグとは?

まずウィッグとは、日本語でかつらの事ですが、薄毛を隠すためのものではなく、一般的におしゃれの要素を重視したかつらのことです。ヘアにボリュームを出したり、様々なスタイルをアレンジしたいときに使います。
プリシラのウィッグとは、兵庫県神戸市兵庫区に本社がある女性用ウィッグメーカーが作るウィッグで、コスプレや一般用と様々なジャンルがあります。
2011年からはバリコレへのウィッグの提供を行っているほか、きゃりーぱみゅぱみゅさんや、鈴木奈々さんとのコラボもしています。

2.プリシラのウィッグの特徴とは?

プリシラのウィッグの特徴は、安心の日本製の耐熱ファイバーを使用しており、髪などで発生する静電気や熱に耐えることができ(180度までの温度に耐えることが出来ます。)、髪の毛のもつれやども発生しにくい素材でできている所です。
また、毛質がよく、非常にナチュラルで、さらに安値で手に入るので、初心者から上級者まで幅広い層で使用されています。
安値のウィッグは大半が表面に光沢が出来たり、手触りがさらさらしてなく、違和感を感じますが、プリシラのウィッグではそのようなことがないのも特徴です。

3.初めてのウィッグ

ウィッグには人毛と人工毛があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
人毛は、自然に見え、自分の髪の毛と同じようにカラー・パーマをかけることが出来るメリットに対し、形が崩れやすく、価格が高く、きちんとしたお手入れが必要だというデメリットがあります。
人工毛は、お手入れが簡単で、価格が安く、耐熱素材でできているのであれば、コテやアイロンでヘアアレンジをすることが出来るメリットに対して、人毛に比べ、光沢が強く、化学繊維で出来ているので特有の艶が出てしまうというデメリットがあります。
また、ウィッグはカラーリング及び、脱色が出来ないので、注意して選ぶことが必要です。

4.ウィッグの着け方

まず、ストッパーを開いて、襟足部分を両手で持ちます。ウィッグの前の部分(ストッパーがある方向)を額にかけるように乗せ、前から後ろへ一度深めに付け、襟足を持って後方にずらすように全体の位置を合わせます。付ける位置は生え際を目安にして下さい。
左右のバランスが同じか確認し、耳芯を顔のラインに沿わせ、もみあげ部分が外側にならないように注意しながら、少し内側にフィットさせます。
最後に、手串などでふんわりとスタイルを整えます。

5.プリシラが選ばれる理由

プリシラのウィッグは全て日本製のファイバーを使用しており、通常より自然な見た目になるほか、伸縮性のあるキャップを使用することで、締め付け感を軽減し、長時間付けられることができます。
また、フルメッシュになっており、通気性があがり、蒸れにくくなっていることも理由のひとつに挙げられるでしょう。
さらに、種類が豊富で、アイテムは2000以上も備えてあるので、その日の気分に合わせて気軽に様々なヘアスタイルを実現し、楽しむことができることができます。

6.パリコレに4年連続で採用される理由

プリシラのウィッグは人毛に近い質感の日本製のファイバーをしていることで、最適な品質が実現され、豊富なカラーバリエーションや、アイテムの数で自由自在なヘアスタイルを実現することが出来ることがパリコレに4年連続で選ばれる最大の理由でしょう。
また、高いファッション性などを兼ね備えており、どんなファッションにもしっかりと合うことから、使いやすいことも挙げられます。
プリシラのウィッグだからこそ出来た、ブラッグバードの世界観を表現するヘアスタイルでの一体感を生み出せることも挙げられます。

7.プリシラのおすすめ商品

プリシラのウィッグで一番私勧める商品は、”めちゃ楽エクステ【ナチュゆるカール】TX-23耐熱”というものです。
これのウィッグは、時間がなくても3つのクリップで簡単に固定でき、自然な毛質で、ちょうどいい緩いカールになります。
さらに安値で手に入るので、累計65万本も売れている人気の商品です。
毛の量が少ないと感じる方は是非2本購入することをお勧めします。
また、180度までの熱に耐えられるので、コテやカーラーで巻くことも可能です。

プリシラのウィッグは映画やドラマでも使われる品質です。パリコレにも4年連続で採用される品質で、ウィッグとは思えない自然さです。
もうセックスレスで悩まない!
あなたのセックスレスもジワジワ解消できる!
すずね所長の寝室問題一発解消講座

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
(Last Update:2015年7月24日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)